男女

最近悩んでる人が多い痛風は食事で予防と改善ができる

尿酸値を抑える食生活とは

料理

尿酸値の抑制のポイント

痛風が心配な人の食事内容のキーポイントは、主食、主菜そして副菜が揃った食事を意識することです。痛風が心配で肥満ぎみの方は、まず第一にダイエットを心がけて標準体重を求めましょう。肥満体になると尿酸値の上昇がみられます。しかしながら、急に贅肉を減らしても尿酸が過度に作られるので、開始時は食事の食べすぎに注意するなど、日頃から心掛けておきましょう。ここにきて、従来ほど食事においてプリン体制限は手厳しくなくなってきましたが、痛風は、プリン体をたくさん含んでいる食品を連続で大量にとらないように気を付ける必要があります。なお、プリン体は水に溶け易いことから、料理の煮汁あるいは肉もしくは魚介類からだしをとるラーメンなども残すことを意識しましょう。加えて、アルコールは飲用しすぎると尿酸の排泄を抑えたり、或いは過度に作ったりして尿酸の数値を上昇させます。その結果、アルコールは回避したほうが良いですが、飲酒するケースでは飲みすぎないように注意が必要になります。さらに、アルコールを飲用しない日を1週間に2日設定するよう意識しましょう。そして、痛風の人に合併し易い尿路結石、あるいは腎障害を阻止するためにも、水をきちんととり、尿酸を尿と併せて外に出すことが不可欠となります。1日あたり少なくても2リットルの水をとることが重要になります。水はお茶、もしくはウーロン茶などカロリーの心配がない飲み物をお薦めします。