男女

最近悩んでる人が多い痛風は食事で予防と改善ができる

気を付けたい尿酸値

和食

適度な水分摂取

成人男性が一日に摂る理想のカロリーとしては、2000〜2300カロリーが望ましいと言われています。それ以上の摂取は、肥満や様々な病気を併発する要因になってしまいます。近年では、若年層の痛風が増えています。かつてはビールの大量摂取が要因と言われていましたが、現在はカロリーの過剰な摂取が原因だと言われています。痛風になってしまうと、足の指や背中に尋常でない痛みが表れてしまいます。その痛みは日常生活に支障をきたしてしまうため、早めの予防を心掛けることが大切です。多くの方が掛かり付け医を持っていますが、病院やクリニックには、痛風患者に特化した食事のメニューがパンフレットに印刷されています。痛風イコール尿酸値の上昇ですので、尿酸値を上げない食事の摂り方が鍵を握っています。魚卵が好きな方は多いですが、魚卵には多くのプリン体が含まれています。プリン体が身体に吸収されると、それが尿酸値として体内に溜まってしまいます。尿酸値を上げない食事の組み合わせを考える上では、根菜や海草が重要な役割を果たします。肉や魚は貴重なエネルギー源ですが、それらを抑えて根菜や海草を食べるようにして下さい。ワカメや昆布は身体に良いですし、ゴボウや大根も積極的に摂取してみるとよいでしょう。痛風によく効く薬は多いですが、基本にあるのは食事の見直しです。カロリーを抑えて、それに適度な運動をすることが最善の策です。