ウーマン

最近悩んでる人が多い痛風は食事で予防と改善ができる

尿酸値を抑える食生活とは

料理

痛風の特有の症状が、非常に強くなると、歩行することさえままならなくなってしまうことになります。痛風においては、食事に因る治療法がとても重要になります。そのキーポイントを意識して生活することが重要です。

気を付けたい尿酸値

和食

規定されている1日のカロリー摂取量を超えて、それ以上にカロリーを摂取することで、肥満だけでなく様々な病気を発症する危険があります。その中でも、痛風は若い人の患者数が増加傾向にあるのです。痛風の痛みは、日常生活にも影響を及ぼすため、早めに予防するようにしましょう。そのためにも、食事に注意する必要があります。

アルカリ性の食品が良い

箸

控えるものと摂るもの

痛風は、かつてはぜいたく病といわれることがありました。昔の人はあまりいろいろなものを食べることが無かったので、ぜいたくな食生活をしている人だけがなっていたのでしょう。今は、一般の人でもそれなりの食べ物が食べられるようになっています。正しい食事の選び方としては、まずは控えるものを知っておく必要があります。プリン体を多く含むものは、痛みの原因である尿酸を多く産生してしまいます。1日の摂取基準がありますが、それを超えないようにします。痛風に良くない食事としては、ビールがあります。最近はプリン体カットタイプのビールがあるので、そちらを利用すると良いでしょう。栄養価があるとされるレバーであったりシイタケや魚の干物は、少ない量でもオーパーする場合があります。では、痛風の時に積極的に摂ると良いとされる食事にはどんなものがあるかです。まずは水分を良く取るようにし、アルカリ性のものを食べるようにします。海藻類、野菜類、果物はアルカリ性の食品になるので、積極的に多めに取ると良いでしょう。尿酸は酸性の成分なので、尿が中性からアルカリ性に傾くことで溶けやすくなります。尿酸値を下げられる場合があります。痛風になったときの食事としては、どんな場合においても暴飲暴食をしないことが必要になります。症状が軽くなると、つい普段気を付けていることを守れなくなってしまうことがあります。するとせっかくの効果も水の泡です。プリン体を控え、アルカリ性の食べ物を優先的に食べるようにしましょう。

中高年男性が注意したい事

食事

痛風のリスクを下げるのにも健康食品が活用されるようになりました。有効な栄養素は、カリウムやサポニンです。これらの成分を含むサプリメントを上手に服用しましょう。しかし、食事の代わりにしてはいけないと言うことを分かっておくことです。